ペルシャ絨毯専門店 アンティーク・オールド【フルーリア】

商品ギャラリー

  • ホーム
  • >
  • 商品ギャラリー / ペルシャ絨毯
  • >
  • ペルシャ絨毯カシャン産 1950年代 208×129 ¥540,000(税込)

ペルシャ絨毯カシャン産 1950年代 208×129 ¥540,000(税込)

  • ペルシャ絨毯カシャン産 1950年代 208×129 ¥540,000(税込)
品番 A-170601
組成 パイル=毛、縦糸=綿、横糸=綿
染料 天然染料
ノット ペルシャ結び
構造 ルール・バフト、ダブル・ウェフト
文様 シャー・アッバス=メダリオン・コーナー
状態 美品

本物の草木染のカシャン産ペルシャ絨毯です。ネットオークションなどで「草木染」と称し販売されているものとは色調がまったく違うことがおわかりいただけるでしょう。カシャン産らしいオーソドックスなメダリオン・コーナーのデザインながら、意志を持つがごとくに絡み合う花文様の複雑さにかつての職人魂を感じます。カシャンがペルシャ絨毯の最高級品を産出する町として、世界中に名を轟かせていた時代の作品です。


■産地紹介【カシャン】

イラン中央部にあるオアシス都市で、古くから工芸の町として栄えました。ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館に収蔵されているサファビー朝時代の大作「アルデビル絨毯」(1539-40年作)も、作者であるマスクド・カシャニーが同地の出身であることや当時の時代背景から、カシャンで製作されたとする説があります。

カシャンにおける絨毯産業は1722年のサファビー朝の滅亡以来、一時衰退したものの19世紀末に復興し、カシャン産絨毯は20世紀初めには、それまでのケルマン産絨毯にとってかわり高級絨毯の代名詞といわれるまでになりました。しかし、第二次世界大戦で欧州が戦場になり、輸出が低迷したことをきっかけに徐々に品質が低下。トップの座を近くに位置するイスファハンに奪われてしまいました。

現在でもイランを代表する絨毯産地の一つとして世界的に名を知られてはいるものの、現代のカシャン産絨毯は20世紀前期に制作されたものに比べると見る影さえもありません。20世紀中頃まではオール・シルクの絨毯も多く製作されていましたが、これも近くの新興産地であるクムにとってかわられてしまいました。世界各地の博物館には、19世紀末から20世紀初めにかけて製作されたカシャン産絨毯が収蔵されています。

Back to list

mailform

Item gallery

infomation

Fleurir
■フルーリア
〒710-0046
岡山県倉敷市中央1丁目6番20号
■営業時間 10:00-19:00
■定休日 月曜日 ※祝日の場合は営業
infomation

アンティーク・オールドのペルシャ絨毯とトライバルラグ専門店フルーリア。価値ある本物だけをお手頃価格にてお届けします。

  • 086-435-0470
  • mailform

infomation


2015.9-10月 爽秋号 No.077
2016.1-2月 初春号 No.079

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082




  • cosmic
  • kurashiki
  • HALI
  • Jozan
  • carpet
  • carpet
  • carpet
  • carpet
  • carpet
  • carpet

pagetop