ペルシャ絨毯専門店 アンティーク・オールド【フルーリア】

新着情報

ペルシャ絨毯・トライバルラグの「織機」の種類

  • ペルシャ絨毯・トライバルラグの「織機」の種類
  • ペルシャ絨毯・トライバルラグの「織機」の種類
  • ペルシャ絨毯・トライバルラグの「織機」の種類
  • ペルシャ絨毯・トライバルラグの「織機」の種類
  • ペルシャ絨毯・トライバルラグの「織機」の種類

2018/04/23

絨毯を織るための織機は「水平型」と「竪型」とに大別されますが、いずれも更にいくつかのタイプに分けられます。

 

 

水平型移動式

遊牧・半遊牧民が使用する原始的な織機で、上下のビーム(梁)をそれぞれ地面に打ち込んだ2本の杭で固定しただけの単純な構造。縦糸を上下に振り分ける綜絖(そうこう、あるいは中筒)は三角錐状に組んだ棒に括り付けます。杭を抜けば携帯できるため、移動生活に向いています。

 

水平型固定式

定住民や一部の遊牧民が使用している織機で、竪形固定式を水平形にしたものです。サイズに限界がある携帯式とは異なり、大きな絨毯を製作することも可能。携帯式は木製ですが、こちらは金属製のものもあります。

 

 

竪型固定式

水平型を進化させたもので、竪型の基本となるタイプ。竪型は水平型のように場所をとらないのが最大の利点です。固定式は作業の進行に合わせて座る高さを変える面倒があるものの、進行状況や仕上がり具合を一目で確認することが可能。都市部では小さなサイズの製作に用いられますが、農村部においては大きなサイズに至るまで固定式を用いているところもあります。

 

竪型回転式

竪型固定式を改良したもので、イランでは「タブリーズ式」とよばれます。作業の進行に合わせて絨毯を回転させられるのが特徴。座る高さを終始維持できる上、同じ大きさの固定式に比較すると2倍の長さの絨毯を製作することができます。

 

竪型巻取式

イランでは「ケルマン式」とよばれ、下方のビームがローラー式になっているタイプ。織りあがった部分をこれで巻取りながら作業を進められるため、大きな絨毯の製作に用いられます。前で巻取るタイプと後ろで巻取るタイプの2種類があります。

 

 

画像:上から

・水平型移動式

・水平型固定式

・竪型固定式

・竪型回転式

・竪型巻取式

 

一覧へ戻る

mailform

Item gallery

infomation

Fleurir
■フルーリア
〒710-0046
岡山県倉敷市中央1丁目6番20号
■営業時間 10:00-19:00
■定休日 月曜日 ※祝日の場合は営業
infomation

アンティーク・オールドのペルシャ絨毯とトライバルラグ専門店フルーリア。価値ある本物だけをお手頃価格にてお届けします。

  • 03-3304-0020
  • mailform

infomation


2015.9-10月 爽秋号 No.077
2016.1-2月 初春号 No.079

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082

 
2016.7-8月 盛夏号 No.082




  • cosmic
  • kurashiki
  • HALI
  • Jozan
  • carpet
  • carpet
  • carpet
  • carpet
  • carpet
  • carpet

pagetop