サナンダジ(セネ)

イラン北西部にあるクルド人の町、サナンダジの旧称ですが、絨毯産地の呼称としては一般的にセネが使われます。

元来、セネ産絨毯は「タフト・バフト」とよばれる構造による薄くて柔らかな仕上りが特徴でした。

イランイラク戦争時、イラクとの国境付近に位置する同地の住人たちが内陸に近いビジャー周辺に逃れたため、以後製作されたものはビジャー産に似た厚くて硬い作りになっています。

  

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020