フェルドース

フェルドースはイラン北東部、南ホラサン州フェルドース郡の郡都で、人口は約3万人。

砂漠地帯(主に南と西)と山岳地帯(特に北と東)の間のイランの高原に位置しており、柘榴とサフランの産地として有名です。

メディア人によって建設されたこの町は、かつて「タバン」と呼ばれていたと言います。

イスラム化以降はトゥーンと呼ばれガエンとともにホラサン南部の主要都市して知られるようになりますが、1239年、蒙古軍の侵攻を受けて壊滅しました。

その後、町は復興して往年の繁栄を取り戻します。

1929年にフェルドースに改名されますが、1968年の地震により大きな被害を受け、町の規模は縮小されました。

 

フェルドースで産出される絨毯は、主に町の周辺に暮らすバルーチ族が製作したもの。

1970年代には俗に「バーバー・タイプ」と呼ばれる黒や茶、灰色の羊のウールを使用したモノトーン調の作品が登場しました。

ペルシャ結び、ダブル・ウェフトです。

 

 

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020