ゴルパイガン

イラン中央部イスファハン州ゴルパイガン郡の郡都で、人口約5万人。

標高1830メートルに位置します。

ゴルパイガンは「花の砦」「チューリップの土地」を意味し、一説によるとササン朝の武将であったバフマンの娘、サミラによって建設されたとされます。

サファヴィー朝のイスファハン総督であったパルサダン・ゴルジージャニージーは罷免された後、アッバス2世からイスハク・アガー(祭祀長)に任命されこの地の5つの村を与えられました。

ゴルパイガンで産出される絨毯は、メダリオンやコーナーにハジ・ハヌミのロゼットを配したデザインが大半。

赤いフィールドには複数の花瓶文様が置かれることが多く、エレガントな雰囲気を漂わせています。

ペルシャ結び、ダブル・ウェフト。

ゴルパイガン産

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020