ペルシャ絨毯産地64【ボルチャル】

  • HOME
  • 産地
  • ペルシャ絨毯産地64【ボルチャル】

ハマダンの東からフェラハンの西にある地域をボルチャルと呼びますが、13世紀、フラグ・ハンに従いイラン高原に進出した蒙古人のボルチャル族の末裔が暮らすクマジンやクンバザンの一帯が、やがてそう呼ばれるようになったと言います。

ボルチャルで産出される絨毯は19世紀の「フェラハン」に由来し、花葉文様とヘラティ文様の二つがあります。

花葉文様はアメリカン・サルークの影響を強く受けたデザインで、ハマダン地方のビレッジ・ラグとしては上位に位置すると言えるでしょう。

パルデまでのすべてのサイズが製作されていますが、とりわけドザールとザロニムを多く見ます。

同じタイプのヘラティ文様の絨毯はクマジンの西、ホセイナバード方面にあるムーサ・ハーン・ボラギの村で製作されています。

 

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020