「ストーンウォッシュ・ラグ」「ゼロパイル・ラグ」の正体

  • HOME
  • ブログ
  • 「ストーンウォッシュ・ラグ」「ゼロパイル・ラグ」の正体

数年ほど前から「ストーンウォッシュ・ラグ」「ゼロパイル・ラグ」等の商品名で販売されているペルシャ絨毯を目にするようになりました。

説明によると、「貴重なアンティーク絨毯をベースに制作された、世界に一枚しかないアート作品」あるいは「アンティークの風合いを出すため『新品』の絨毯のパイルを根元まで削って再度染色している」とのことですが……。

  

これらの製作現場をイランで見たことがあります。

強烈な合成染料の臭いとともに目に飛び込んできたのは、大量に積まれたボロ絨毯の山。

パイルが磨り減って使い物にならないものばかりなのですが、破れていたり穴が開いたりしているものさえあります。

これらの中から破れや穴のないものを選び、パイルを磨り減った部分に合わせて削ってから染め直したもの……これがストーンウォッシュ・ラグあるいはゼロパイル・ラグの正体です。

 

ストーンウォッシュとは『デジタル大辞泉』(小学館)によれば、「デニム生地や皮革などで作られた服を、使い古したような感じにする加工法のこと。素材や製品を軽石などを混ぜた特殊な液で洗ったもの。加工後、自然なむらができるのが特徴」とあります。

しかし、ストーンウォッシュ・ラグにストーンウォッシュが施された形跡はなく、色のムラは漂白剤によるもの。

つまり、新品を人工的に使い古したような感じにしたというのは嘘で、タダ同然で引き取ってきた状態の悪い絨毯を加工したもの……これが真相なのです。

もちろん、こんなものにアンティークや美術品としての価値などまったくありません。

美術品専門の買取業者なりオークション会社なりに査定してもらえばわかるはずです。

手織絨毯としては価値のなくなった傷んだ絨毯に新たな命を吹き込む……最近、注目されている古民家再生と同じで、これ自体は素晴らしいことに違いありません。

しかし、使い捨てにするしかないこうした品を前述したような嘘の説明を用い、あたかも価値があるように見せかけて販売するのは如何なものでしょうか。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020