取扱商品について

  • HOME
  • 取扱商品について

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯とは「イラン国内で製作された手織の絨毯」をいいます。
3,000年以上の歴史を持つとも言われるペルシャ絨毯はただ美しいだけでなく
実用的で耐久性があり
クリーニングや修理も可能です。

完成されつくしたデザインは洋の東西を問わず
また、モダンからクラシックまで
ありとあらゆるインテリアにマッチ。

フルーリアでは、アンティーク・オールドをはじめとする「本物」のペルシャ絨毯を
有名産地はもちろん、国内ではほとんど知られていないマイナー産地の
希少な品々をも含め、約5,000枚取り揃えています。

歴史

歴史

ペルシャの地において、いつの時代からパイル絨毯が製作されてきたのかは闇の中で、まったくわかっていません。
16世紀サファヴィー朝に至るまでの作品は一枚も現存しておらず、それを特定する根拠は皆無だからです。
1949年に西シベリアのノボシビルスク南東にあるパジリク古墳な群で発見された、いわゆる「パジリク絨毯」については、長年アケメネス朝ペルシャで製作されたものとされてきました。
しかし最近の研究の結果、中央アジア説が有力になり、アケメネス朝説は廃れつつあるのが現状です。
とはいえ遥かなる昔からペルシャ絨毯が人々を魅了し、暮らしを彩る調度として、またときに富や権力の象徴として珍重され続けてきたのは紛れもない事実。
そんなペルシャ絨毯の歴史を辿ってゆくことにします。

イラン北中部(カズビン州、ゴルガン州、セムナン州、テヘラン州)

カズビン カラーダシュト ゴルガン
セムナン テヘラン ベラミン

イラン中東部(南ホラサン州)

ビルジャンド ムード

イラン南西部(ファース州)

アバデ シラーズ ニリーズ
フィルザバド

イラン南東部(シスターン・バルーチスタン州)

ザボール

織りの細かさの表し方

イスファハン

「ヘフト」を用います。1ヘフトは縦方向のノットの列が100列。1メートル中のヘフトの数がいくつあるかにより「○○ヘフト」と表します。画像はサッラフ・マムリ作のイスファハン絨毯。キリムの部分にヘフトを示す朱色の線が見えます。ヘフトを「サタイ」と呼称することもあります。

ナイン

縦糸を構成する糸の本数で表します。縦糸が9本撚りであれば「ノーラー」、6本撚りであれば「シシラー」、4本撚りであれば「チャハルラー」です。撚りの本数が少ないほど縦糸は細くなりますので、織りは細かくなります。画像はシシュ・ラーの縦糸を分解したもの。6本の細い糸で構成されていることがわかります。

タブリーズ

「ラジ」を用います。1ラジは約7センチメートル。縦方向のノットの列が1ラジ中にいくつあるかにより「○○ラジ」と表します。70ラジがおよそ100万ノットです。イラン人は、たとえば36ラジであれば40ラジ、64ラジであれば70ラジというように端数を切りあげる傾向があります。

その他の産地

便宜的にラジを用いる場合が多いようです。イラン絨毯博物館では、すべての収蔵品をラジで統一しています。


※ヨーロッパでは1平方メートル中のノット数で「○○万ノット」、米国では1平方インチ中のノット数を「○○KPSI」で表します。KPSIは、Knots Per Square Inchの略です。

トライバルラグ

トライバルラグ

直訳すれば「部族絨毯」。
イランやトルコ、アフガニスタンなどの国々に暮らす少数民族たちによって製作される絨毯で
ユーモラスで素朴な作風が魅力です。

わが国では、これまであまり紹介されてこなかったトライバルラグですが
欧米ではとても人気があり、クリスチャン・ラクロワをはじめとする
有名デザイナーたちにも愛用されていることが知られています。

フォークアートを思わせるデザインと、ときに大胆な色使いは
モダンなインテリアにもよく合います。

フルーリアでは、心の温もりや安らぎをも感じさせてくれる
トライバルラグの数々を取り揃えています。

主な産地(部族)

アフシャル オーラード カシュガイ
キジルバシュ クルド シャーサバン
トルクメン バクチアリ ハムセ
バルーチ ヤラメ ルリ

※アフシャリ、バクチアリについては、製作された町や村を特定できるものは「ペルシャ絨毯」に分類しています。シラズは部族ではなくイラン南西部最大の町の名ですが、同時に集積される絨毯のうち製作した部族を特定できないものが「シラズ産」となります。

用途による分類

メインラグ

テント内に敷かれる絨毯。バザールにて現金化することを目的として作られることもあり、ドザール・サイズが一般的です。

ウェディングラグ

部族民の女性が嫁入の際の持参品として製作する絨毯、あるいはトルコマンの花嫁が乗る駱駝に掛けられる絨毯。後者は100〜150cmほどの正方形です。

エンシ

トルコマンがテントの出入口にドアの代わりとして吊るす絨毯。礼拝用として使われることもあります。

プレイヤーラグ

礼拝に用いられる絨毯。ミフラブ文様を織り出したザロチャラケ〜ザロニム・サイズが一般的です。

バッグフェイス

バッグに使用される絨毯。部族民のバッグにはホルジン(鞍袋)、マフラシュ(寝具袋)、ナマクダン(塩袋)、ジュバル(大袋)、カプ(中袋)、トルバ(テント袋)などがあります。

その他の絨毯

その他の絨毯

イラン以外にも、中央アジアには手織絨毯を産出する国々があります。

トルコやパキスタンは有名ですが
他にアルメニア、アゼルバイジャン、タゲスタン、トルクメニスタン、
ウズベキスタン、アフガニスタン、カザフスタン、インドなどがそうです。

しかし、残念なことにパキスタン絨毯やインドのカシミール絨毯を除くと
こうした国々の絨毯を取扱うショップは国内にほとんど存在しません。

ペルシャ絨毯ほど知名度がなく
「売りにくい」というのがその理由のようですが、勿体ないことです。

フルーリアでは、ペルシャ絨毯以外の中央アジアの手織絨毯も積極的に紹介してゆきます。

インテリア・アクセサリー

インテリア・アクセサリー

フルーリアでは
ペルシャ絨毯やトライバルラグのある空間をよりエキゾチックに演出する
インテリア・アクセサリーの数々を取り揃えています。

サイズの呼称

ペルシャ絨毯

ポシュティ:約90cm×約60cm
ザロチャラケ:約120cm×約80cm
ザロニム:約150cm×約100cm
ドザール:約210cm×約140cm

パルデ:約260cm×約160cm
キャレギ:約300cm×約200cm
ガリ:キャレギより大きなもの

※産地により多少の差異があります。
※アフガン絨毯はこれに準じます。

トルコ絨毯(参考)

ヤストック:約90cm×約60cm
チェイレック:約130cm×約90cm
ナマズルック:約180cm×約120cm
セッジャーデ:約200cm×約130cm

カリヨラ:約220cm×約150cm
ケレ:約300cm×約200cm
タバン:ケレより大きなもの

※産地により多少の差異があります。
※コーカサス絨毯はこれに準じます。

素材

毛(ウール)

羊の家畜化は古代メソポタミアにおいて始まったものとされ、紀元前20世紀頃に栄えたバビロニアでは食用の羊とは別にウール用の羊が飼育されていたとも言われます。

その後、染色法が発明により、染色されたウールを用いて織られた絨毯は貴重な交易品として中東各地に広がってゆきました。

1949年から50年に掛けて、ソ連のセルゲイ・ルデンコ博士を主幹とする調査隊が南シベリアのアルタイ山中にあるパジリク古墳とバシャダル古墳で発掘した2枚の絨毯(バシャダルの方は断片)は、放射性炭素年代測定の結果、ともに紀元前3世紀頃に製作されたものであることがわかり、ウール絨毯の悠久の歴史を物語る証拠となっています。

現在でも手織で製作される絨毯の大半がウール絨毯です。

※ウールの特性については「よくある質問」をご覧ください。

絹(シルク)

絹は5000年以上前の中国で、すでに生産が始まっていたと言われます。

漢の時代になると西域との交易が始まり、そのルートがのちに「シルクロード」とよばれようになりました。

同じ重さの金と同じ価値があると言われた絹の製法は門外不出とされてきましたが、西域の王に嫁ぐ中国の王女が蚕種(蚕の卵)を冠に隠して持ち出し、西域からやがてヨーロッパへもたらされたと伝えられています。

絹パイルの絨毯はサファヴィー朝のシャー・タハマスプ(在位1524年-1576年)の治世下で製作されたはじめたようで、その歴史は500年に足りません。

イランではカスピ海沿岸のラシュト、トルコではマルマラ海沿岸のブルサが絹の名産地として知られています。

※シルクの特性については「よくある質問」をご覧ください。

木絹(コットン)

インドでは古くから綿栽培が行われており、有名なモヘンジョ・ダロの遺跡からは4000年ほど前に織られた綿布が見つかっています。

イランではアケメネス朝の時代にインドから伝わり、以後盛んになりました。

木綿は毛や絹に比べると強度は劣るものの、繊維の構造が密で温度や湿度の変化による伸縮が少ないため、絨毯の縦糸・横糸として適しています。

かつてヨーロッパで絨毯産業が育たなかったのは、木綿が手に入りにくかったためと言われているほど。

オリエンタルラグのパイルに木綿が使われることはインド絨毯の一部を除くとほとんどありませんが、日本の鍋島緞通や赤穂緞通、堺緞通のパイルには木綿が使用されています。

染料の種類

天然染料

植物性染料と動物性染料の総称で、鉱物を加工した顔料を含めることもあります。

「草木染」という言葉のとおり、そのほとんどが植物性染料で、明礬などの金属塩を媒染剤として用いる媒染染料が大半。

天然染料による染色は複雑で手間がかかる上、耐光性や耐水性に劣るという欠点があります。

しかし、天然染料ならではの趣を好む向きも多く、現在でも一部の高級絨毯などに用いられています。

アニリン染料

アニリン(アミノベンゼン)から抽出される合成染料です。

1856年に英国の化学者ウィリアム・ヘンリー・パーキンが発見し、モーブ色(薄紫色)の染料を商品化したのが最初。

1880年代にはイランやトルコなどの手織絨毯の原産国にも伝搬しました。

色数は少なく、発色が強烈な割に退色しやすいのが特徴です。

イランでは1903年に輸入・使用が禁じられました。

アゾ染料

アニリン染料に少し遅れて開発された、アゾ基(−N=N−)を持つ合成染料です。

合成が比較的容易で安価。

さらに色数が多く深みのある色が得られることから、現在でも流通している染料の半分以上を占めると言われます。

しかし色によっては定着が悪い上、有害性物質を含むものもあることが報告されています。

クローム染料

クローム塩などの金属化合物を媒染剤として用いる合成染料です。

媒染剤との化学結合によって繊維に染着するため、退色しにくいのが特徴。アゾ染料を改良したものゆえ色数は豊富ですが、アゾ染料よりも高価です。

手織絨毯には1940年代に使用されはじめ、その後主流となりました。

織物の種類

水平型織機

水平型移動式
水平型移動式

水平型を進化させたもので、竪型の基本となるタイプです。竪型は水平型のように場所をとらないのが最大の利点。固定式は作業の進行に合わせて座る高さを変える面倒があるものの、進行状況や仕上がり具合を一目で確認することが可能です。
都市部では小さなサイズの製作に用いられますが、農村部においては大きなサイズに至るまで固定式を用いているところもあります。

水平型固定式
水平型固定式

主に部族出身の定住民が使用している織機で、竪形固定式を水平型にした造りです。
サイズに限界がある移動式とは異なり、大きな絨毯を製作することも可能。
移動式は木製ですが、固定式には金属製のものもあります。

竪型織機

竪型固定式
竪型固定式

水平型を進化させたもので、竪型の基本となるタイプです。竪型は水平型のように場所をとらないのが最大の利点。固定式は作業の進行に合わせて座る高さを変える面倒があるものの、進行状況や仕上がり具合を一目で確認することが可能です。
都市部では小さなサイズの製作に用いられますが、農村部においては大きなサイズに至るまで固定式を用いているところもあります。

竪型回転式
竪型回転式

竪型固定式を改良したもので、イランでは「タブリーズ式」とよばれます。
作業の進行に合わせて回転させられるのが特徴。
座る位置を一定に保つことができる上、同じ大きさの固定式に比較すると2倍の長さの絨毯を製作することが可能です。

竪型巻取式
竪型巻取式

イランでは「ケルマン式」とよばれ、下方のビームがローラーになっているタイプ。
織りあがった部分をこれで巻取りながら作業を進められるため、大きなサイズやランナーの製作に適しています。
前で巻取るタイプと後ろで巻取るタイプの2種類があります。

構造

縦糸

ルール・バフト(ダブル・ノット)

パイルを絡めた2本の縦糸がほぼ完全に上下に重なる構造。露出している縦糸の列の奥にもう1列縦糸が隠れており、二重構造となっているため堅牢で耐久性に優れています。シティーラグはこのルール・バフトが一般的。

ニム・ルール・バフト

パイルを絡めた2本の縦糸が少しずれて重なっている構造。ニムはペルシャ語で「半分」の意です。ビレッジラグやトライバルラグの多くはこの構造。ルール・バフトほどではありませんが、タフト・バフトよりは丈夫です。

タフト・バフト(シングル・ノット)

縦糸が横一列に並んでいる構造です。パイルは2本の縦糸に絡めますが、タフト・バフトはパイルを絡めた縦糸の列がすべて露出するため、ノット数は縦糸の列の半分が正解。絨毯は薄くなるものの、堅牢さはルール・バフトやニム・ルール・バフトに劣ります。

横糸

シングル・ウェフト

1本の太い糸を横糸として用いたもの。イラン北西部から中西部に掛けて産出される絨毯によく見られます。

ダブル・ウェフト

1本の太い糸と1本の細い糸、もしくは2本の同じ太さの糸を交互に掛けたもの。前者は太さの違いによる張力差からルール・バフトもしくはニム・ルール・バフトの構造になり、後者は張力の差がないためタフト・バフトの構造になります。

トリプル・ウェフト

ダブル・ウェフトの進化形で、3本の横糸を用いたもの。横糸の構成は2本対1本となります。トリプル・ウェフトの絨毯はあまり多くありません。

ノット

トルコ結び(左右対称結び)

「ギョルデス結び」ともよばれ、トルコ、コーカサス地方、イラン西部を中心に用いられています。

ギョルデスはトルコ西部の絨毯産地。

鉤針を使用して結べるため、ペルシャ結びに比べて製作期間を大幅に短縮できます。

ペルシャ結び(左右非対称結び)

「セネ結び」ともよばれ、西部を除くイラン、トルクメニスタン、カザフスタン、アフガニスタン、ウズベキスタン、パキスタン、インドなどで用いられています。

セネはイラン北西部の絨毯産地ですが、セネ産の絨毯はトルコ結びで製作されるのが普通。

一般にトルコ結びよりもタイトになります。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020