ペルシャ絨毯の【正しい】選び方

  • HOME
  • ペルシャ絨毯の【正しい】選び方

ペルシャ絨毯とは

ペルシャ絨毯とは

失敗なくペルシャ絨毯を選ぶためには、まずペルシャ絨毯とは何かについて理解しておく必要があるでしょう。
ペルシャ絨毯とは「イラン国内で製作された手織絨毯」を言います。
したがって、トルコ、コーカサス、アフガニスタン、ウズベキスタン、ブルガリア、ルーマニア、エジプト、パキスタン、インドや中国など、イラン以外の国で製作された絨毯は、手織でデザインが似ていてもペルシャ絨毯ではありません

また、イラン国内で製作されたものであっても、機械を用いて製作された絨毯はペルシャ絨毯とは言いません
当然「ペルシャ絨毯機械織」「ペルシャン・カーペット マシン・メイド」などは存在しない訳です。
品質表示ラベルにman silk 100%とあるのを「シルク100%」として販売している者もいますが、man silkは化学繊維のレーヨンのことで、シルク=絹ではありません。

ペルシャ絨毯が多くの人を魅了するのは伝統に裏打ちされた手工芸品だから。
栄華と悲哀とに満ちた長い歴史の中で、延々と育くまれた技術なり文様なりに人々は浪漫を感じるからです。
トルコ絨毯やコーカサス絨毯、アフガン絨毯をはじめとする中央アジアの絨毯などについても、わが国で人気があるかどうかは別として欧米には多くのコレクターがおり、十分にその価値を認められていると言えるでしょう。

しかし、ペルシャ絨毯をそっくりそのままコピーして製作された一部のインド絨毯や中国絨毯は、いくら高値で販売されていたとしても単なる「実用品」に過ぎません。
なぜなら、そうした安易なコピー品には人々が付加価値を見出す「伝統」という二文字が欠如しているからです。

ペルシャ絨毯ではないものをペルシャ絨毯と偽って販売している者は店舗を持たず、ネットオークション等に出没しているのが常。
掘出し物狙いの素人が集まるネットオークションは詐欺師たちにとっては恰好の漁場である上、トラブルになればすぐに身を眩ませることができます。
注意しましょう。

ウールかシルクか

ウールかシルクか

ペルシャ絨毯はウール絨毯とシルク絨毯に大別されますが、シルク絨毯が高級品でウール絨毯は低級品などということはありません。ウール、シルクともによさがあり、使用する場所により向き不向きがあるということを知っておく必要があるでしょう。

優れた光沢が魅力のシルク絨毯は水回りやダイニングセットの下など、濡れたり椅子を頻繁に出し入れするような場所には向きません。
「欧米では土足で使っている」などと説明する絨毯業者がいますが、それは一般的に耐久性に優れたウール絨毯に言えることであって、摩擦に弱いシルク絨毯についてはその限りではありません。

また、シルク絨毯は水に濡れた箇所が硬化しやすく、その部分だけ色が違って見えることがよくあります。
またウールに比べると染料の定着が悪いため、色が滲みやすいという欠点もあります。
シルク絨毯を長持ちさせるには摩擦や水濡れに注意しながら使う必要があることを知っておくべきでしょう。

ランクについて

ランクについて

わが国で俗に「5大産地」とよばれる産地の絨毯には、それに似せてイラン国内の別の町で製作されたコピー品が多数存在しています。
その一覧を以下に記しておきましょう。

クム産(シルク):
ザンジャン産、マラゲ産(ボナム産を含む)
クム産(ウール):
シャーレザー産
カシャーン産(シルク):
ザンジャン産、マラゲ産
カシャーン産(ウール):
アルダカン産、ヤズド産、カシュマール産(1970・80年代の品)
ナイン産:
タバス産、カシュマール産
イスファハン産:
ナジャファバド産(1970年代以前の品)
タブリーズ産:
ホイ産(マヒ)、カシュマール産(ナグシェ)

これらは実際に製作された町の名ではなく、有名産地の名を冠して販売されるケースが大半ですが、本物の有名産地の作品に比べると当然品質は劣ります
コピー品とはいえイラン国内で製作された手織絨毯ですから、ペルシャ絨毯であることには違いありません。
予算的な制約からコピー品であることを承知で購入する人がいるのも事実ですので、それはそれで存在意義があるのでしょう。

問題なのは、そうした品質の劣るコピー品に「クム ◯◯」「ナイン ◯◯」のような有名産地の工房の偽サインを付け加え、それがあたかも当該工房で製作された高級品であるかの如く偽って販売する行為です
いまや日本国内の多く絨毯業者がこうした問題ある商売を当たり前のこととして行うようになりました。
長期にわたるデフレとイランの経済成長に伴う仕入価格の上昇により高額品が売れにくくなったいま、本物を安く売るよりコピー品を高く売る方がより多くの利益を得ることができるからです。

マラゲ産を例にあげてご説明しましょう。
イランでマラゲ産はクム産の3分の1ほどの値段で買えます。
たとえば、クム産を120万円で仕入れて240万円で売ったとすれば、利益は120万円。
ところが、マラゲ産を40万円で仕入れてクム産の半分の120万円で売れば利益は80万円です。
クム産の仕入価格と同じ額で3枚仕入れられる訳ですから、80万円×3枚=240万円。
同じ仕入価格で利益は2倍になります。
そこで、為されるのがこのような記述……ペルシャ絨毯クム産◯◯工房 当店通常価格240万円 → 50%OFF → 特別価格120万円……「50%OFF」と謳っていても、実際にはまったく安くなっていません

「有名産地の名を語らなければ売れない」と言うのなら、売り方を改めるか取扱いを止めるかするのが筋のはず。
詐欺紛いの商売を正当化する理由にはなりません。
残念ながら、高価な品が必ずしも高品質であるとは言えない現実がペルシャ絨毯にはあります
高い買物をしないよう、有名産地の名が付いた絨毯には本物とコピー品という明確なランクがあることを知っておく必要があるでしょう。

工房のサインについて

工房のサインについて

「作者のサインが入った高級品です」などと説明する絨毯業者が多いのですが、必ずしもそうであるとは限りません。
そもそもサインなど後からでも簡単に付け加えられる訳で、ブランドに弱い日本人の性質は、とうの昔にイラン人たちに見透かされています

前述したように、日本に向けて輸出される無銘のクム・シルクやナイン産、あるいはクム・シルクやカシャーン・シルクのコピー品であるザンジャン・シルクやマラゲ産には、有名工房作品の偽サインが付け加えられるのがいまや当たり前にさえなってきました。
画像は偽サインの一例で、上は本物のアボロファズル・ラジャビアンのサイン、下はマラゲ産に後付けされた偽のラジャビアンのサインです
偽ブランド品には厳しい態度で臨むようになった日本の官憲ですが、ペルシャ絨毯については手つかずの状態となっているのが現状。

「そんなに簡単に偽サインが入れられるものか?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
ところが偽サインを入れるのは思いのほか簡単です。
傷んだパイルを結び直すことができるのがペルシャ絨毯のよさのひとつですが、この技術を悪用する訳。
イランでは知的財産権に関わる意識が低いことから、多くの修理職人は罪の意識など抱かず、安い料金で引き受けているのが現実です。

実は、偽物を掴まされてしまう人の典型が工房名に拘る人たちなのです
「〇〇工房の作品が欲しい」とはいうものの、作品の内容など二の次で、とにかく工房名が優先。
その工房の作品が好きだからではなく、その工房が有名だから欲しいという訳です。
セーラフィアン工房の作品は高価ですが、それはセーラフィアンのサインが入っているからではありません。
セーラフィアンの名に恥じない「素晴らしい内容の絨毯」だから高価なのです。

それがわからない人というのは悪徳絨毯屋にとって格好のカモ。
有名工房のサインが後付けされた偽物を高く掴まされたにもかかわらず、「〇〇工房の作品を相場よりもかなり安く買った」と一人悦に入っている……こうした人は結構います。
サインに惑わされることなく自分が本当に気に入った一枚を選ぶことが、のちのち後悔しないための最善策です

ペルシャ絨毯の値段について

ペルシャ絨毯の値段について

「ペルシャ絨毯の値段のつけ方はどうなっているのかわからない」という声をよく聞きます。
「店によって値段がまったく違う。ひと桁違うなんてこともある」「いきなり半額になったりする。いったい、いくらで仕入れているのか?」……こうした内容なのですが、消費者が抱くペルシャ絨毯の値段についての疑問は、まさに日本の絨毯業界の問題点を指摘したものといえるでしょう。

ペルシャ絨毯の販売サイトを見るとやたらと値引を売りにした店ばかりが目につきます。
中には70%OFFとか80%OFFとかいったところまであります
こうした業者に限って「ペルシャ絨毯は一生もの」であるとか「古くなればなるほど価値が出る」などと美辞麗句を並べ立てているようですが、一生ものになり得る品や古くなればなるほど価値が出る品を、なぜ法外な値引きをして叩き売らなければならないのでしょうか?
言っていることとやっていることが完全に矛盾しています。

そもそも、値引しなければ売れないというのは「商品が悪いか」「値段が高すぎるか」「販売員に能力がないか」のいずれかです
逆に言えば値引をウリにしているのは、それしか取柄がないということ。
つまり、商品や値段、知識に自信がないから値引をアピールしているとしか考えられません。
適正価格をもって販売しているならば、極端な値引などできないはず。
まともな商売をしていて、どうしたら70%や80%も値引できるのか理解に苦しみます。

「スイスから直輸入!ローレックス全品70%OFF!!」「フランスから直輸入!ルイ・ヴィトン全品半額!!」……こんな広告を見かけたら「おかしい……」と思わない人はいないはず
それにもかかわらず、これがペルシャ絨毯となると見事に引っかかってしまう人が多いのです。
日本(だけ)で「5大産地」と言われている産地のペルシャ絨毯は高級品の代名詞となっていますが、本当に名のある工房で製作された品は、本来ローレックスやルイ・ヴィトンの製品と同じです。
たしかにイランでは「定価」が存在しない場合が多いのは事実(すべてではありません。ICCは定価販売です)。
しかしモノには必ず「相場」というものがあり、それはイランでも同じことです。

人種差別をするつもりは毛頭ないので誤解しないでほしいのですが、もともと「定価」というものが存在しないイランでは交渉によって値段が決まります。
その商習慣は現在も残っていて、一部の商品やサービスを除くと値段交渉が必要になるのが一般的。
高い値段で売ることは販売する者の「交渉力の高さ」を証明することに他ならず、むしろ誇るべき行為である訳です。彼らにとっては当然のことかもしれませんが「郷に入れば郷に従え」といいます。
そうした商習慣のない日本で自国流のやり方を押し通すことは、やはり問題でしょう。

しかし、彼ら以上に問題なのが日本人業者たち。
本来、そうした場違い的なやり方に注意を促すべき日本人業者たちが一緒になって同じことをやっています
結果、信用が第一の百貨店においても「絨毯だけは大幅値引も可」などというダブル・スタンダードを生んでしまいました。
ペルシャ絨毯に対して多くの日本人が持つ認識は「値段があってないようなもの」。
そして、絨毯商に対して抱くイメージは「騙される」「胡散臭い」です。
情報優位を悪用し、法外に設定した定価から大幅値引きをして購買意欲を煽る……このような商売を続けていれば、絨毯業界の信用はなくなってしまのが当たり前。
その場限りの商売は、自ら自分の首を絞める行為に他なりません。

「架空のメーカー希望小売価格」「根拠のない市価」を用いて商品を安く見せかけるのは消費者庁が警告する不当行為の典型です
うまい話には裏があることをお忘れなく!

直輸入だから安い?

直輸入だから安い?

「直輸入だから安い」を金科玉条の如くに掲げる絨毯業者は多いのですが、そうであるとは限りません。
直輸入していても高いところは高いし、国内仕入でも安いところは安いです。
たとえ安く仕入たとしても利益を大幅に上乗せすれば売価は高くなるのは当たり前。
つまり、直輸入だから安いとは限りません
こんなことは子どもでも理解できるでことです。

そもそも直輸入かどうかなど入荷作業を見なければわかりません。
実際、直輸入していないにも関わらず直輸入を掲げている店はいくつもあります。
本当に直輸入している店というのは証拠となる買付時や入荷時の画像を公開しているもの。
公開できないのはできない理由があるということです。

品質を見極めるには裏を見ればよい?

品質を見極めるには裏を見ればよい?

もちろん間違いではないのですが、絨毯の価値を決めるのは織の密度だけではありません。
よく「裏を見て結び目の数を数えればよい」と言われますが、ノット数はあくまでも要素のひとつにすぎず、他にもデザインや染料の種類、歪みの有無や希少性他、多くの要素を加えた上で絨毯の価値は決まるのです。

ノットにしても「ジュフティ」とよばれる、ごまかしのテクニックを用いて製作された絨毯のノット数は見た目のノット数の半分になり、品質および耐久性は大きく落ちます(※イラスト参照)。
ジュフティには様々な方法があり、多くの場合、感触で見分けるしかありません。
絨毯業者の中にもジュフティを見分けられない者はたくさんいます。
素人にはまず無理でしょう。

またタフト・バフト(シングル・ノット)の絨毯の結び目をそのまま数えて「100万ノットあるからこんなに薄い」などと説明する者がいるので要注意。
タフト・バフトの場合、縦糸は重なりませんから絨毯は薄くなり、実際のノット数は目に見える数の半分になります

※【構造】縦糸

その他、修理痕や縦糸・横糸の掛け忘れ、デザイン構成に影響するほどの結び違い、極端な歪みなども評価に影響するので注意が必要

付け焼刃的知識はかえって命取りになることがあります。

アンティーク・オールドについて

アンティーク・オールドについて

同業の者として恥ずかしい限りですが、絨毯業者の中には情報優位を悪用し、情報弱者である一般消費者を手玉に取ろうと企む不心得者がいるのが現実。
傷みがあったりパイルが擦り切れたりしていて売物にならない中古の絨毯を「アンティーク」「オールド」と称し、あたかも価値があるかの如くの説明を加えて販売している者がいるのです。

こうした不心得者は店舗を持たずネットオークションなどを通じて商売している無店舗業者に多いようで、ネットオークションには「アンティーク」と説明された絨毯がたくさん出品されているのですが、それらの中に本物のアンティークはまずありません
コンディションのよい本物のアンティーク絨毯は希少だからこそ、サザビーズやクリスティーズなどの一流オークション・ハウスでも高値で取引されているのです。

冷静に考えればわかるはずですが、本当に価値のあるアンティーク絨毯が機械織の絨毯と同じような値段で買える訳がありません。
「安物買いの銭失い」にならぬよう、冷静に思慮していただければと思います。

アンティーク・オールドになり得るペルシャ絨毯とは?

アンティーク・オールドになり得るペルシャ絨毯とは?

需要と供給により成り立っているのが市場です。
絨毯に限らずモノの価値というのは、この重要と供給のバランスによって決まることは言うまでもないでしょう。

世界にはアンティーク・オールド絨毯の愛好家や収集家がたくさんいます。
しかし、すべてのペルシャ絨毯やトライバルラグが、やがて彼らの購買対象となり得る訳ではありません。
新しいものにはない魅力がプラスされてこそ、古い絨毯はアンティーク・オールドとしての価値を認められるのです。

それは製作された時代を反映したデザインであったり、年月により醸し出された色調であったりするのですが、絶対不可欠なのは「コレクターズ・アイテムになり得るもの」であること。
たとえ手織であってもコマーシャル・ベースに乗せて機械的に生産された絨毯が、愛好家や収集家の需要を満たすことはありません
需要がない品に価値など認められるはずがないのです。

/div>

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL
03-3304-0020